MySQLのデータベース バックアップ

データベースのバックアップ方法をメモメモ

1.ディレクトリごとバックアップ

1. net stop mysql    -> サービスの停止

2. ディレクトリごとコピー

デフォルトでは C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.1 のmy.iniに
データベースの保存してあるディレクトリが書いてあります。
#Path to the database root
datadir= “”

3. net start mysql    -> サービスの再開

2.SQL文でバックアップ

MYSQLDUMPコマンンドでバックアップします

・バックアップ方法

mysqldump -u root -p -x -f blog > D:\Back\Database\blog.dmp

・リストア方法

mysql -u root -p blog < D:\Back\Database\blog.dmp

実際に実験してみます

まず  データベース “test” を作ります。

わかりやすいようにテーブルを一つ作成しておきます。

次に、実際にバックアプしてみます。

データベースをドロップします。

最後にリストアして確認します

※ あらかじめ、リストア先データベースが存在しなければいけません

投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。