slmgr -プロダクトキーが不要??-

Windowsの試用期間が何回かリセットできる事を知ったのでメモメモ

slmgr.vbsっていう、MS純正スクリプトが最初からsystemフォルダにあるらしいです。
最初から環境パスに入っているので、プロンプトファイル名を指定して実行 slmgr.vbsと打てば起動できます。

間違えて、slmgrと打つと、フォルダが開くだけなので注意;;
試しにslmgr.vbs -dlv を実行すると、

slmgr.vbs -dlv

ちなみにEnterprise editionです。

リセット可能回数は3回までと、他のサイトで紹介されていましたが。

なぜか5回までリセット出来るようです。。

嬉しい! 有効期間は確か60日がリミットだったので

60日 x 5回 = 300日

だいたい300日もしないうちに、OSごとクリーン再インストールするので、つまりライセンス不要ってことですか??

追記: リセットされても8日ほどしか猶予は追加されませんでしたorz この数値もエディションごとに違うようなので注意です。

ちなみに、本題の有効期限をリセットするパラメータは-rearmです

slmgr.vbs -rearm


大喜びで、Serverの方で色々パラメータを試して遊んでいたら。

slmgr.vbs -upk

このコマンド試したら終わった。。

slmgr.vbs -dlv

え?

焦って、MSのヘルプへ行くと、

この問題を解決をするには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

検索の開始 </a0>] コマンド プロンプト を入力する コマンド プロンプト を右クリックして [ 管理者として実行 </a0>] をクリックします。

管理者: コマンド プロンプト ] ウィンドウで、次のようなコマンドを入力して Enter キーを押します。

cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs – ipk {ProductKey}

メモ 組織で MAK キーの代わりに、KMS キーを使用して、いる場合は、Pid.txt ファイルで提供されているジェネリック KMS キーを使用します。 このファイルは、Windows Vista インストール DVD 上の \sources フォルダーにあります。

種類コマンドを次のようなして Enter キーを押します。

cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs – ato

方法 2

「現象」に記載されているエラー メッセージををクリックしてします。

製品キーを入力して、プロダクト キーをアクティブに指示に従います。

方法 3

コンピュータを再起動してください。

コンピュータにログオンします。 Windows のライセンス認証 ウィンドウが表示されます。

製品キーを入力して、プロダクト キーをアクティブに指示に従います。

まてまて、プロダクトキー無いですから!

もともと評価版だった上に、評価用ProductKeyのメモとかしてないですから!

また近いうちに入れなおしかー@@

Serverの有効期限は180日なので、もし5回リセット出来るなら

180日 x 5回 = 900日

十分すぎる!

追記: やっぱそんな甘くなかった! linuxへ移住がいいみたい

というわけで、 slmgr.vbs -upk に注意。

追記2: エディション毎の有効期限

時々追加します

エディション リセット残り回数 有効期限
Enterplise 0回 10日
Ultimate 3回 30日
Ultimate 0回 25日?
Professional 2回 30日
2008R2 5回 180日

悪用厳禁
悪用厳禁。
悪用厳禁。。